本文へスキップ

妊娠線ができる原因を知って予防しましょう。

妊娠線ができる原因とは?

妊娠線ができる原因

妊娠してしまい、急激に太ったことによって体型が変化してしまうのは誰でもあることです。妊娠前は自慢のスタイルが崩れてしまい、ショックな人も多いことでしょう。その上、大きくなってしまった体の部位、特にお腹や二の腕、太ももには妊娠線という、皮膚が割れてしまったような線ができてしまいます。これは、急に大きくなってしまった体に皮膚の下のコラーゲンや弾性繊の伸びが追いつけずに断裂してしまうことが原因です。

妊娠線ができる原因

お腹の赤ちゃんが育つには、お母さんの体も妊娠や出産に耐える体に変化していかなければなりません。
太ったり、脚やお尻周りが大きくなるのは、お腹の赤ちゃんをしっかりと守るためでもあるのです。
しかしながら、出産後スタイルは戻すことはできても、一度できた妊娠線を戻すことは難しくあります。
妊娠線ができにく体にするには、原因である急激な体の変化をできるだけ緩やかにする必要があります。
脚が太くなるのは、大きなお腹を支えるためには必要なことです。
ですが、急激に太くならないために、体重のコントロールをしましょう。
絶対に太ってはダメ、10グラムでも体重管理をきっちりと、ではありません。
妊婦に必要な栄養素やカロリーを検診時に助産師や栄養士と相談しながら管理していくことが妊娠線予防にもなります。

また、もう1つの原因でもある皮膚と皮膚の下のコラーゲンや弾性繊維を柔らかくすることも妊娠線予防にも効果があります。
お風呂上がりに保湿をしっかりとすれば、より柔らかい皮膚になり、妊娠線もできにくくなります。妊娠中でも、お肌のお手入れはしっかりとしましょう。