本文へスキップ

妊娠線をクリームやオイルで予防する。

妊娠線をクリームやオイルで予防ケア

妊娠線の予防・ケアの仕方

妊娠後、日が経つにつれてお腹の中の赤ちゃんは大きくなっていきます。妊娠線はその赤ちゃんの成長に合わせて母体のお腹も大きくなっていき、皮膚が引っ張られていきます。表皮は伸びるのに対して、真皮や皮下組織の一部は伸びにくいため赤ちゃんの成長についていけずに亀裂を生じさせて線状斑となってしまうのです。このような妊娠線はお腹だけではなく、乳房やお尻、太ももなどにもできてしまい完治しても治ることが無く白っぽい跡として残ってしまいます。

妊娠線を予防するためにはクリームやオイルでケアするのが効果的だとされています。妊娠中はホルモンバランスが変化しており肌も乾燥しやすくなっています。そのため肌も硬くなっており妊娠線ができやすい状態なのです。
保湿を行なうためにはクリームをたっぷり使って保湿することが大切です。気になる部分にたっぷりと付け、下腹部の下から上へ、ヘソを中心に外側に、最後に円を描くようにお腹をマッサージしていくと効果的です。

保湿クリーム

ほかの部分も同じように行ないますが、母乳を飲ませるために乳房にクリームを塗るのが抵抗がある場合、オイルでケアすることがおすすめです。
ホホバ油、マカデミアナッツ油、ココナッツ油の三種類が効果的だとされており、ホホバは浸透性と保湿力が優れており、マカダミアナッツは人の皮脂に似ており肌への浸透率が高く、ココナッツは紫外線対策や皮膚を柔軟にする効果があります。
さまざまな効果のあるオイルですが、種類や注意点を理解して使用することが大切です。


保湿オイル