本文へスキップ

妊娠線の予防法、消す方法。

妊娠線の予防法 消す方法

妊娠線とは?

妊娠線とは、お腹の中で胎児が成長することによって母体の皮膚も伸びていきます。
表皮は伸びるのに対して、真皮や皮下組織の一部は伸びにくく、成長するのについていけずに亀裂が生じてしまい線状斑が出てきてしまいます。これが妊娠線で、お腹だけではなく乳房やお尻、太ももなどにもできてしまうことがあります。一度できてしまうと消えないと言われており、できると完治しても白っぽい線となってしまいます。

妊娠線ができるのを予防するためには?

妊娠線を予防するためには、皮膚の乾燥を予防して肌を柔らかく保つことが大切です。意識して全身を保湿していきます。
保湿クリームなどを塗っていく時期としては安定期を過ぎて胎児が大きくなっていく妊娠4〜5ヶ月ほどからが良いとされています。
保湿クリームは毎日使うものですのでたっぷりと使うことのできる物を用意することをおすすめします。風呂上がりやかゆみが出たときに、下腹部から下から上に向かって手の平全体を使ってマッサージしていった後、ヘソを中心に外側へ向かってマッサージ、最後にお腹を円を描くようにマッサージしていき、できやすい乳房やお尻なども同じようにしていきます。乳房は赤ちゃんに授乳するので塗りたくないと言う場合には、母乳と良く似た脂肪酸を含んでいる自然食品のオリーブオイルなどでも代用が可能です。

ほかにも、適度に腹部を支えて急激に皮膚を伸びるのを避けるガードルや腹帯を使用したり、無理の無い適度な運動を行ないながら体重をコントロールすることも良いとされています。

妊娠線 予防

【女性のためのお役立ち情報】
妊娠中や産後はいぼ痔になりやすいが多いってホント?> いぼ痔 治し方